【メギド72攻略】24-4「アバドン」全員生存クリアのコツ

メギド72攻略、今回は3章24-4の大ボスである「アバドン」を倒す。

アバドン戦は物語のクライマックスだ。それだけに、これまでのステージに比べ格段に難しい。気合を入れてのぞみたい。


クリックしてもらえると励みになります!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

敵のPT構成

敵のPT構成がこちら↓

ボスはアバドン1体のみ。だが、油断しているとあっという間に全滅させられる。

アバドンのステータス&スキル構成↓

アバドンは攻撃力が高めなうえ、通常アタックで6連撃をかましてくる恐ろしい敵だ。ボスの猛攻をいかに防ぐかが、攻略のカギとなる。

さらに怖いのが、HP50%以下で発動する「攻撃&速さ1.5倍」の特性。この状態でアタック攻撃されると、よほど守りを固めないと1ターンキルされる。速さも上がるので、回復役が追いつかないことも多い。

奥義も発動されればほぼ死ぬので、こちらは覚醒ゲージ減少で対抗したい。さいわいゲージは9と多いので、奥義を撃たれる前に倒せるはずだ。

対アバドンPT構成

対アバドンPTがこちら↓

左から、

マルコシアス→攻撃&フォトン破壊役

ガープ…壁&覚醒ゲージ減少役

アムドゥスキアス…防御アップ役

ブエル…覚醒チャージ役

バルバトス…回復&覚醒ゲージ減少役

だ。

敵はファイターなので、前列しか攻撃してこない。ガープ1人で猛攻を耐えきり、その間にマルコの奥義で倒す構成だ。

クリアレベルと装備オーブ

クリア時のレベルがこちら↓

ブエルが★3.5で、後の4人は★4だ。全員最大レベルまで上げておくと安定するだろう。

各自の装備オーブもみていく↓

マルコシアス→禁断の書

ほぼマルコシアスの専用オーブである「禁断の書」。自身の攻撃力アップに加え、オーブ技でダメ押しのダメージも狙う。

だがアバドンは種族が「神・竜」なので、特効効果のあるオーブでもいいかもしれない。攻撃技も付いているのが理想だ。

ガープ→マッドランパード

相手の覚醒ゲージを減らす「マッドランパード」を装備。今回のガープの仕事は、たまにオーブ技を撃つことだ。

アムドゥスキアス→シャーベットマン

アバドンに先制して防御アップをかけたいので、素早いアムドゥスキアスにシャーベットマンを装備。回復量アップの特性もついてくるので、いざというときの回復にも役立つ。

シャーベットマンの防御バフがないと、アバドンの6連撃を耐えきれない。2ターンに1回必ず使おう。

ブエル→けものマジカル

単体回復の「けものマジカル」。バルバトスの奥義を温存したいときに使う。

バルバトス→マッドランパード

バルバトスにも覚醒ゲージ減の「マッドランパード」を装備。ガープと合わせてゲージを削っていく。

攻略の方針

アバドンのアタック攻撃を防ぐ

アバドンの攻撃で一番怖いのは通常アタックだ。毎ターンのようにアタックしてくるので、対策してないと壁役がすぐに落ちてしまう。

だが連撃してくる相手には、防御アップがすさまじく効く。6連撃のアバドンの場合、ダメージを70%以下まで減らせる。

防御アップ前↓

防御アップ後↓

が、アバドンの攻撃が1.5倍になった後では防御アップしていてもキツい。なるべく短期決戦でいきたいところだ。

チャージフォトンをできるだけ取らせない

アタックフォトンもそうだが、チャージフォトンも取らせたくない。こちらの優先度は、チャージフォトン→アタックフォトンの順だ。チャージフォトンを連続で取られない限り、マッドランパードの覚醒ゲージ減少でも十分間に合う。

逆にスキル攻撃は大したことないので、むしろどんどん取らせたい↓

前列1人PTなら、列攻撃も怖くない。ガープは基本オーブしか使わないので、フォトン破壊も問題なしだ。

HPが50%を切ったらガープの奥義で守る

前半は耐久型PTでも十分通用するが、問題は後半戦だ。相手の火力が一気に上がり、壁役が死にやすくなる。アバドンのHPが50%を切ったら、速攻で倒したい。

が、私のPT構成だと、速攻でも3~4ターンはどうしてもかかる。その間の守備は、ガープの奥義「ヴァルカンの聖域」に任せる。

ヴァルカンの聖域は、アタック攻撃を80%減できる頼もしい奥義だ。普段はめったに使わないが、アバドン戦ではいい仕事をしてくれた。

ヴァルカンの聖域+シャーベットマンでバフをかけたときのアタックダメージ↓

シャーベットマンだけだと、「約300ダメージ×6連撃」が飛んできた。1ターンで2回も食らうと、さすがのガープでも耐えきれない。

ヴァルカンの聖域の効果は3ターンなので、その間に最大火力でたたみかけよう。全員のオーブや奥義を駆使すれば、ギリギリ倒しきれる。

覚醒ゲージを減らす

チャージフォトンを集めても、アタックフォトンでじわじわ覚醒ゲージは溜まってしまう。ゲージが4~5くらいになってきたら、マッドランパードでゲージを減らす。

アバドンはゲージ減の耐性はないようで、体感ではほぼ100%覚醒ゲージ減が効いた。ガープとバルバトスの2枚構成は優秀だ。

実際の立ち回り

攻略方針を踏まえて、じっさいの立ち回りをみていく↓

マルコシアス→とにかく奥義連発

攻撃役のマルコは、アタックフォトンを集めて最短で奥義を連発していく。アムドゥスキアスのマスエフェクトのおかげで、少なくとも2ターンに1回は奥義を撃てる。

ついでにフォトン破壊で、相手の動きも封じる↓

ガープ→アバドンのアタックに備えて覚醒待機

ガープは後半「ヴァルカンの聖域」を使いたいので、あらかじめ覚醒待機しておく。今回は「かばう」を使わないので、最初のうちに覚醒状態にして大丈夫だ。

相手の残りHPをみつつ、半分を切りそうなターンで奥義を発動↓

1ターンのうちに「マルコシアスの奥義でHP50%以下にする→直後にヴァルカンの聖域」という流れが理想だ。

覚醒待機中は、マッドランパードで相手の覚醒ゲージ減の仕事もある↓

オーブ技はアバドンが弱ったところで、一気にたたみかけるときにも使える。あまり火力はでないが、ないよりマシだ。

アムドゥスキアス→オーブで防御アップ

アムドゥスキアスは2ターンに1回、ガープの防御をアップ。これを忘れるとガープが殺られるので注意だ。

アムドゥスキアスは素早さアップの特性のおかげで、速さ1.5倍のアバドンからも先制を取れる。オーブが間に合わないという事故が起きないので、安定しやすい。

後半になると、ブエルの覚醒チャージで覚醒状態になっている可能性が高い。そういうときは奥義発動で攻撃もできる↓

ブエル→覚醒チャージ

ブエルは後列の覚醒チャージを。チャンスがあれば、マルコシアスの回転率を上げていく。

覚醒状態になったらチャージ強化&攻撃力アップ↓

覚醒スキルでアタック強化すれば、マルコシアスの奥義ダメージがアップ。ついでにバルバトスの回復量もアップする↓

たまにガープの様子をみて、HPが減っていたらオーブを使う。アタック対策でダメージ減していれば、30%回復でも十分だ。

バルバトス→回復待機

バルバトスはいつでも回復できるよう待機。とくに後半はアバドンに先制を取られるので、早め早めに回復したい。

待機中フォトンが余っていたら、オーブ攻撃で覚醒ゲージを減らす↓

#* 19 *#

チャージフォトンやアタックフォトンが偏らなければ、相手の攻撃を耐えつつ倒せる。難しいステージだけに、倒せたときの喜びはひとしおだ。

ここまでのステージをクリアできたなら、戦力的には十分なはずだ。その後のイベントもナイスなので、アバドン戦もぜひクリアしたい。


クリックしてもらえると励みになります!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ