【メギド72のリセマラ】これで安心!攻略が有利になる初心者おすすめキャラ

2018年12月10日

メギド72育成論、今回は避けて通れないリセマラの話だ。私の実感から、「コイツが強かった!」「コイツがほしかった」という攻略におすすめのキャラを紹介したい。

実際に使っていないキャラも紹介しているので、その部分だけご了承いただければと思う。


クリックしてもらえると励みになります!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

大前提:どのキャラでも攻略はできる

いきなりリセマラの前提をひっくり返すようだが、メギド72はどのキャラを引いてもメインストーリーを最後まで攻略できる。編成を工夫してしっかりキャラを育成すれば、難易度VH(ベリーハード)や限定イベントの最難関ステージもクリアできるはずだ。

とくに初期の配布勢は、★6まで育てることをおすすめしたい。無課金勢でも、配布キャラとリセマラで引いたキャラを組み合わせれば強いPTを作れる。

(自力で攻略が難しいときも、有志wikiを見れば9割は解決する)

そのためキャラ推しで行きたい人は、リセマラ情報を見ずに直感(主に見た目の好み)で始めることをおすすめしたい。お気に入りのキャラで攻略できれば、それが一番楽しいんじゃなかろうか。

逆にリセマラで引いたキャラを使ううち、その魅力を実感して推しになることもある。機能面重視でリセマラしても、最終的にそのキャラを好きになるのがメギドだ。

引き直しガチャだけでも十分遊べる

メギド72はもともと「引き直しガチャ」が用意されているので、アプリのインストールと削除を繰り返す「リセマラ」は基本的に不要となっている。リセマラが必要になるのは、

・引き直しガチャから出ないキャラがほしい(イベントキャラは除外)

・引き直しガチャとリセマラ込みで、理想の状態でスタートしたい

いうときだ。

メギド確定ガチャでリセマラ!

リセマラをするときは「メギド確定ガチャ」を繰り返し引くのが鉄板。こちらは最低1人メギドが保証されており、4回まで引ける。運が悪くても4人は仲間を増やせる。

ただし、確定ガチャでは出ないメギドもいる。それがこちら↓

・イベント配布のメギド

・「悪魔の時計・真」のメギド

・「悪魔の時計・祖」メギドの一部↓

アスタロト・デカラビア・ハーゲンティ・レラジェ・フェニックス・オリアス

お目当てのキャラが確定ガチャから出るかどうかは、リセマラの前にチェックしておきたい。下手をすると何日もの時間が無駄になりかねない。

確定ガチャから出ないメギドは、それ以外のピックアップやサバト(メギド排出率2倍)のガチャから引き当てるしかない。しかしメギドのガチャは確率が渋く、まずメギドがほとんど出ない。さらに1点狙いとなると、沼だ。

さらに引き直し以外のガチャを引くにはメインストーリーをある程度進める必要がある。1回のリセマラで30分はかかるので、覚悟が必要だ。

指名チケットもおすすめ

祖メギド限定だが、期間限定の指名チケットで好きなキャラを1人だけゲットできる。引き直しガチャで出ないキャラは、指名チケットで狙うのも手だ。

指名チケットは今のところ、7/2の「メギドの日」記念と12/7のリリース一周年記念でしかショップに出てきていない。メギドをプレイするなら、指名チケットが手に入る期間に始めるのもおすすめだ。

スタイルはカウンターがおすすめ

メギドの引き直しガチャは、「ラッシュ」「カウンター」「バースト」の3つのスタイルから1つを選ぶ方式だ。それぞれ、対象スタイルのキャラが2~3体出る仕様となっている。

とくにこだわりがないなら、スタイルは「カウンター」がおすすめ。初期配布のキャラにはカウンターが多いので組み合わせやすく、キャラが少なくてもまとまったPTを作りやすいからだ。

カウンター以外では、配布キャラとのPT編成を考えると「ラッシュ>バースト」の順でおすすめ。後は自分のプレイスタイルに合わせ、

・ラッシュ→とにかく速攻で敵を片付けたい人向け

・カウンター→防御を固めて安定クリアしたい人向け

・バースト→バフを重ねた奥義で敵を一掃したい人向け

という感じになるか。

必ず3体目は引こう!

メギドの引き直しガチャは、

・スタイルごとの固定枠から1人

・残り自由枠から1~2人

という形でメギドを引ける。できれば3人メギドが出るまで粘りたいところだ。

固定枠から出るメギドは以下の通り↓

・ラッシュ…ゼパル・ウヴァル・オセ

・カウンター…ガミジン・シトリー・ベリト

・バースト…ストラス・フルカス・フルフル

まずは固定枠のおすすめから見ていきたい。

ラッシュの固定枠→ウヴァル

ラッシュのおすすめはウヴァル。ウヴァルは強化解除・6連撃ダメージ・固定ダメージ付与と、1人で完結した能力を持っていて使いやすい。素の攻撃力が高いので、序盤は6連撃ダメージでゴリ押しすれば楽にクリアできるはずだ。

中盤以降は高防御・バフを盛ったボスが多く出てくるものの、そこは強化解除と固定ダメージを使えば攻撃を通せる。さらにアタック強化などバフがあれば、より大きなダメージを出せるだろう。

おそらく強化解除のありがたみが出てくるのは4章以降かと思うので、序盤は強さを実感しにくいのがネックだ。ここは頑張ってストーリーを進めてほしい。

ゼパルもスキル追加・スキル強化と強いキャラだが、低倍率・連撃が主体なので中盤以降の高防御の敵にダメージを通せない。中盤以降に活躍させるには固定ダメージ付与がほぼ必須だ。

ゼパルは自力で固定ダメージを付与できないので、ここは他のメギドやオーブの協力が必須。しかし固定ダメージ付与は方法が限られるのが難だ。

一番使いやすい固定ダメージ付与はイベント配布メギドの「アンドレアルフス」かと思われるが、現状イベントの復刻がないので仲間にできない。私もアンドレアルフスの復刻が終わってからメギドを始めた勢なので、早く再復刻してほしいのだが。

オセは毒付与・アタック強化・アタック追加と、アタック主体で攻めるキャラだ。ゼパルと同じく、中盤以降ダメージを通しにくいのがネックとなる。やはり固定ダメージはほしいところだ。

カウンターの固定枠→シトリー

カウンターの固定枠はトルーパーのシトリーが断然おすすめ。私はシトリーを持っておらず、「シトリーがいれば……!」と思った場面は何度もある。

素の攻撃力が高いので、相手のスナイパー相手に大ダメージを出せるのが魅力。メインストーリーではチョコチョコ面倒で強いスナイパーボスが出てくるので、そいつら相手に活躍できるメギドは貴重だ。

高倍率奥義にスキル強化もできるので、前衛のファイターやトルーパー相手でも割と強い。序盤はスタイルの相性に関係なく敵をなぎ倒してくれるはずだ。

またシトリーの持つ「雷攻撃」は、刺さるところには刺さる強力な技。序盤は効果を実感できないかもしれないが、必ず「シトリーがいて良かった」と思う場面がやってくるだろう。

残るガミジン&ベリトでは、ベリトをおすすめしたい。ベリトはスキル1つでめまいを付与できる貴重なキャラなので、奥義が強力なボスに刺さりやすい。育てておいて損はない能力だ。

覚醒スキルのフォトン奪取も、メインのボスには割と通る。相手の手数を1つ減らせるのは地味に強力だ。

ただ奥義だけは50%の自傷ダメージがあるので注意。ベリトの特性である「HP50%以下で攻撃力&素早さアップ」とは噛み合っているが、前衛なので倒されやすい。盾でかばう・バリアを張るなどの防御手段は必須だ。

ガミジンはガミジンで「スナイパーへの防御無視」のマスエフェクトがあり、配布のマルコシアスと組み合わせると超火力を出せる。しかし難関ステージには後列を優先して攻撃してくるボスも多く、肝心なところで後列PTを組めないジレンマもある。

バーストの固定枠→フルカス

バーストの固定枠は、全体的に使いやすい能力が揃っているフルカスがおすすめ。フルフルとストラスは能力にクセがあり、序盤では使いづらいからだ。ここは消去法という面もある。

フルカスはスキルで防御無視攻撃ができるほか、奥義で相手の防御を0にできるのも強い。ファイターに対してはHP吸収のマスエフェクトを付けられるので、配布のモラクスと組めばHPを回復しつつ大ダメージを出せる。モラクスは耐久力が低いので、そこをHP吸収でカバーできるのもいい。

バースト自体が上級者向けの能力が多いので、最初の引き直しガチャで選ぶ優先度はイマイチ低い。ただサポーターに超強力な奴1人がいるので、そいつを狙う価値は大いにある。

固定枠以外のおすすめ

以下では固定枠以外のおすすめメギドをみていく。私が持っていてよかったと思ったキャラと、持っていれば役立っただろうと思うキャラを紹介したい。

ラッシュ

私が持っていてよかったと思うラッシュはこちら↓

・フラウロス

フラウロスはトルーパーのアタッカーで、めまい攻撃・列攻撃・火属性&フォトン奪取攻撃と便利な攻撃手段を多く持っている。とくに列への5連撃は貴重で、スナイパーのみのPTを1人で壊滅に追い込む強さを持っている。

奥義の火属性攻撃も地味に貴重だ。火属性攻撃は「突風」の地形でダメージが2倍になる特性があり、うまく使えばボスを一撃で倒せたりもする。

序盤では地形効果の恩恵は薄いものの、高難度ステージに行くほど地形効果を活かしたダメージは役立つ。序盤から上級者ステージまで使いどころがあるキャラだ。

・アンドロマリウス

アンドロマリウスはスキル強化・スキルフォトン追加能力を持っており、配布のガープやシャックスと相性がいい。スキル強化した状態だと能力強化や状態異常付与のターン数が2から3になり、戦いが安定しやすいのだ。

奥義でのフォトン追加も、こちらがスキルフォトンを取れなかったときの保険になる。とくに盾役の「かばう」能力はほぼスキルフォトンが必須なので、お世話になる場面は多いはずだ。

一方、序盤からいれば役立ったろうと思うキャラはこちら↓

・アンドラス

アンドラスはラッシュでは珍しいヒーラー系のトルーパーで、スキル1つで回復と状態異常治癒ができる便利キャラ。さらに毒攻撃・回復&スキル追加と、なかなか器用な能力を持っている。回復&スキル追加は、とくに盾役と相性がいい。

ステージによってはスナイパーが使えず、前列のみのPTで挑む場面も出てくる。前衛で回復ができるキャラは少ないので、いれば心強い。

ついでに防御も高いので倒されにくく、ボスによっては単騎出陣ということもできる面白い奴だ。

・ヴァサゴ

バトル開幕からいきなり覚醒状態という特性を持っている。そこから奥義発動で、仲間全員の覚醒ゲージを+1できるのが強力だ。配布のラッシュと組ませれば奥義祭りができるだろう。

覚醒スキルの即死攻撃も、上級者ステージではあるがピンポイントで役立つ場面がある。即死持ちは少ないので、持っていて損はない。

・オロバス

オロバスは束縛に呪い、覚醒ゲージ減少の状態異常を付与できるラッシュスナイパーだ。序盤でのありがたみは少ないが、奥義が強力なボスと相性がいい。

また「戦闘不能時に全体ダメージ」という変わった特性を持っているので、キャラの蘇生手段があるなら殺られるたび敵にダメージを与えられる。正直敵には回したくない奴だ。

・ナベリウス

能力やステータスに目立つ点はないが、特性の「オーブ使用ターン-1」が実に強力。持たせるオーブの数だけ仕事ができる器用なキャラだ。1ターン毎につかえるオーブなら、毎ターン使えてしまう。

持たせるオーブは、

・回復系

・フォトン追加系

・バリア系

などが便利だ。どんなPTにも組み込みやすいのがいい。

カウンター

持っていて助かったキャラはこちら↓

・アムドゥスキアス

序盤から現在に至るまでお世話になりっぱなしのキャラ。私がステージ攻略するときにはほぼ毎回出陣させるメギドだ。

スキル1つで攻撃を2回防ぐバリアを張り、味方の生存率を大幅アップ。毎ターン盾役にかければ、ほぼノーダメージでクリアもできる。

さらにマスエフェクトでは、ファイターに自然回復・スナイパーの覚醒ゲージ減少という強力な効果も。配布のバルバトス・ガープ・マルコシアスと組ませれば、それだけで安定度が増す。メインステージの9割は、この4人の組み合わせでクリアできてしまうからスゴい。

(ただし、ワントップPTしか育ってないと4章で痛い目をみる)

ただし5章以降は強化解除を使う敵が多く、バリアが役立たない場面も多い。しかし素早さが高いので、そういうときはオーブ役として活躍できる。

一方、今でもほしいと思うキャラはこちら↓

・グレモリー

スキルでのフォトン破壊と、奥義の全体アタックバリアが強力。味方の攻撃力アップもできたりと、サポートと妨害ができる。

アタックバリアはダメージ80%カット&3ターン継続の効果があり、発動させれば敵の奥義で死ぬことはまず無い。防御を固めて一気に攻撃できる。

・ザガン

最大HP20%以下のダメージを完全カットできる盾役。低倍率・連撃系のボスに強い。

盾は配布のガープもいるが、こちらはダメージ減少&高HPで高倍率の攻撃を繰り出すボスに強い。ザガンとは得意な相手が違うので、ボスによって盾を使い分けるというやり方ができる。

さらに便利なのが、覚醒スキルでも「かばう」が使えること。他の盾役はスキルと覚醒スキルの効果が違うので、覚醒状態にできないのだ。その点ザガンならゲージの心配がいらなくなる。

ザガンもステージによっては、単騎出陣でクリアという芸当ができる。連撃を繰り出す強力なボスにぶつけてみてほしい。

・マルバス

回復のスペシャリスト。マルバスがPTにいれば仲間の生存率が大幅アップするだろう。配布のカウンターはもちろん、おすすめのアムドゥスキアスと組ませればさらに鉄壁となる。回復はどの場面でも使うので、序盤から終盤まで出番のあるキャラだ。

さらに素早さが高いので、オーブで味方にバフをかけるのも得意。優秀なサポート役だ。

バースト

持っていれば必ず役立つキャラはこちら↓

・ブエルorクロケル

ブエルとクロケルは、後列の覚醒ゲージを増加させるスキルを持っている。配布のマルコシアスと組ませれば、奥義が撃ち放題だ。

ブエルはサポーター、クロケルはアタッカーの性能を持っているので、役割は大分違う。だがどちらも活躍の場は多いので、後はPTとの相性だ。強いて言えば、サポート能力のみのブエルの方が育成の手間なくPTに組み込みやすい。

・フォラス

オーブ使用ターン-1の特性、アタック強化、全体化と、1人で強力なサポート力を発揮するメギド。どんなPTでも活躍する、おすすめキャラの筆頭だ。持っていなかったら指名チケットで召喚してもいいくらいの性能だ。私もフォラスは指名チケットで仲間にした。

奥義は防御無視の5倍攻撃で、ボスにトドメを刺すときに使える。序盤はフォラス自身を全体化して奥義を撃てば、大体突破できるんじゃなかろうか。

一方、序盤に確保しておきたかったキャラはこちら↓

・アモン

高い攻撃と素早さに、火属性攻撃を持つ強力なアタッカー。スキルでフォトン奪取もあり、先んじて相手の動きを封じることもできる。奥義を撃てば大体の敵は一撃で沈むんじゃなかろうか。アタック強化も合わせれば敵なしだ。

反面防御は脆いので、盾役などのサポートは必須だ。

・ヴィネ

列回復が便利なヒーラー。要所要所で出てくる、全体攻撃や列攻撃をしかけてくる面倒なボスと相性がいい。配布のバルバトスは単体回復しかできないので、その穴を埋めることもできる。

・ダンタリオン

奥義での「全体攻撃力100%上昇」が強力。このバフ1つで、大抵のボスは一撃で葬りされるはずだ。味方のサポートはもちろん、自身も攻撃力が高めなのでサブアタッカーとしても活躍できる。

バーストの戦略は、とにかくバフを持って一撃必殺を狙うことがメイン。ダンタリオンがいれば、バーストPTの火力は一気に上がるだろう。

・ハルファス

スキルで全体攻撃をかませる貴重なキャラ。ボスともども、周りの雑魚をまとめて一層できるのが爽快だ。さらに防御無視攻撃もできるので、単体のボス相手にも十分活躍できる。

速さは最低レベルだが、おかげでサポーターからバフをもらった後最後に行動できる。行動順を調整すれば、バフ盛り盛りの状態で敵を殲滅できる。

リセマラおすすめオーブ

メギドではオーブも重要だ。持っておくと役立つオーブもみていく。

とはいえ、Rレアレティのオーブはゲームを進めていればかなりの数が手に入る。まずはSSRとSRを優先的に狙うのがいい。

ただしSSRオーブを狙うのはメギドゲット以上に苦労するので、比較的手に入りやすいSR以下から紹介していく。

・回復&蘇生系

メイジマーマン(SR)→バースト

死んだ仲間を蘇生させる貴重なオーブ。同じ効果を持つオーブは、後はイベントで手に入るもののみだ。ぜひ序盤でゲットしておきたい。

メギドのバトルでは、途中で味方が死んでも最後に全員生きていれば「全員生存クリア」となる。1回全員生存クリアしたステージは攻略チケットを使ってバトルを省略できるので、効率的な周回には欠かせない要素だ。

3章までは死ぬ危険が少ないものの、4章辺りから「蘇生があれば……!」という場面が多くなる。蘇生があるかないかで、ステージの難易度が段違いなのだ。

アカウントによって、出やすいオーブ・出にくいオーブがあると思われる。運悪くメイジマーマンが出にくいアカウントだと泣きを見るので、引き直しガチャで確保できるのが理想だ。

リリィキャット(SR)→ラッシュ

アビシニアン(SR)→カウンター

キャスパリーグ(SR)→バースト

同じ列の味方をまとめて回復できる便利なオーブ。どれも効果は同じだが、装備できるスタイルが違う。1スタイルにつき最低1つは持っておきたいオーブだ。

・バリア系オーブ

ケイブキーパー(SR)→カウンター

味方単体を2ターンの間無敵にする。主に盾役に使うことで、相手の攻撃を完封できる凄まじいオーブだ。ボスが強化解除してこない3章までなら、盾役とケイブキーパーの組み合わせでほとんどのステージを楽にクリアできるはずだ。

ホーリーフェイク(SR)→カウンター

こちらは列に1回攻撃無効のバリアを張る。全体攻撃などをしかけてくるボスには有効だ。やはり盾役との相性はいい。

シェルドレイク(R)→ラッシュ

味方単体に、2回攻撃無効のバリアを張る。こちらはラッシュが装備できるという点で貴重だ。足の早いラッシュに持たせれば、敵の攻撃に先行してバリアで味方を守れる。

・状態異常対策

古の竜(SR)→カウンター

2ターンの間、状態異常・弱体化を無効化するバリアを張る。メギドの状態異常は、スキル使用不可・アタック不可など面倒なものが多いので、予防できると心強い。ただし使用までに3ターンかかるので、速攻向きではない。

シルバートーム(R)→カウンター

こちらは全体の状態異常を治癒できる。全体の状態異常を治せるオーブは、おそらくこれだけだ。最低1つは持っておきたい。

・強化系

レッドウィング(R)→バースト

味方の攻撃力をアップさせる。スキル・アタック強化と合わせれば大ダメージだ。序盤から終盤まで使える場面は多くある。

シャーベットマン(R)→カウンター

こちらは防御アップのオーブ。やはり盾役に使うのがメインだ。主に連撃主体のボスを相手にしたとき使うことで、ダメージを大幅カットできる。

さらに装備したキャラの回復量をアップさせる効果もあるので、配布ヒーラーのバルバトスと相性がいい。盾の守りを固めつつ、一気に回復させることで生存率もアップだ。

・弱体化系

カラミティエッグ(R)→ラッシュ

相手の覚醒ゲージを80%の確率で‐2する。配布のブネをリーダーにして持たせれば-3できて、かなり便利だ。何としても奥義を使わせたくないボスと戦うには、無くてはならない存在と言える。

イービルアイ(R)→バースト

相手にかかったバフを解除する。序盤は効果が薄いものの、後半にいくほどバフを盛った敵が出てくるので重宝する。

・攻撃系

霊魂ムース(R)→カウンター

プレイヤーからは「ムース先輩」と親しまれる人気オーブ。攻撃力2倍のダメージに加え、睡眠の状態異常を付けられる。攻撃力の高いマルコシアスなどに持たせたい。

メギドの睡眠は攻撃で起きることがなく、効果が続くうちはずっと相手を行動不能にする恐ろしい状態異常だ。序盤は耐性のない敵がほとんどなので、攻略がグッと楽になるはずだ。

・フォラスに持たせたい(私はどちらも持っていない)

カミハカリ(SSR)→バースト

味方全体に1回攻撃無効のバリアを張る。バリアは剥がされない限り有効なので、突然の全体攻撃にも備えられる。

オーブ使用ターン-1のフォラスに持たせれば、毎ターン使用できるのが脅威。生存率が大幅アップすること間違いなしだ。

ボーパルバニー(SSR)→バースト

こちらは味方全体の覚醒ゲージを+1する。バンバン奥義を撃ちたいバースト向けの性能だ。やはりフォラスに持たせることで、毎ターン使用可能になる。

ただし盾役がPTにいる場合、覚醒状態になることで「かばう」が使えないという事故も起きやすい。使うタイミングには要注意だ。

SSRは指名チケットでも狙える

SSRオーブは滅多に出ないが、その一部は12/7の指名チケットでゲットできる。ほしいメギドが特にいない場合は、SSRオーブを狙うのもありだ。

とはいえ初心者は、メギドを増やす方が恩恵は大きい。SSRオーブの指名は、あくまでメギドが揃った人むけだ。

#* 15 *#

メギド72では、滅多にメギドが仲間にならない。最初の引き直しガチャでは、できるだけ理想のメギドを揃えたいところだ。

紹介したおすすめメギドを参考に、ぜひプレイをスタートしてみてほしい。


クリックしてもらえると励みになります!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ