【Bloodstained: Curse of the Moon】5月24日に発売決定!

5月24日に発売が決まった8bit2Dアクション、「Bloodstained: Curse of the Moon」。Bloodstainedのタイトルがようやく遊べるとあって、喜びもひとしおである。

せっかくなので、Bloodstainedの新作について語ってみたい。


クリックしてもらえると励みになります!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

そもそも「Bloodstained」ってなに?

「Bloodstained: Ritual of the Night(以下RoN)」は、悪魔城ドラキュラシリーズでお馴染みの五十嵐浩司ディレクターによる新作2.5D探索アクションだ。

ゲームシステムや世界観は、やはり悪魔城シリーズを色濃く受けついでいる。とくに「悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲」が好きだった人なら、間違いなくBloodstainedも好きになれるはずだ。

大手クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で出資をつのったところ、スタートから一瞬で目標額の50万ドルをクリア。最終的に550万ドル以上の資金を集めた。この金額は当時の歴代最高額だ。

(今はシェンムー3に記録を抜かれている)

当時は私も出資し、締め切りまで熱狂してファンディングを見守った。悪魔城ドラキュラの新作はほぼ絶望的な状況だったので、BloodstainedRoNの発表にとても興奮したのを覚えている。

本当は2017年に発売予定だったのだが、開発が難航し延期に。2018年中の発売も、今のところは未定だ。

Bloodstainedの紹介動画はこちら↓

Bloodstained: Curse of the Moonとは?

そうしてBloodstainedを地味に見守り続けるなか、ついに大きな進展が。Bloodstained本編のスピンオフ作品である、「Bloodstained: Curse of the Moon(以下CoM)」の発売が決定したのだ。

「Bloodstained: Curse of the Moon」は、RoNの前日譚だ。登場人物の1人である斬月を主人公に物語が展開していく。

もともとKickstarterで募集していたときのストレッチゴールに「8bitレトロゲームの開発」というのがあり、CoMはそのレトロゲームに当たるものだ。あんまり音沙汰がないのですっかり忘れていたが、いざ遊べるとなると感慨深い。

BloodstainedCoMの紹介動画はこちら↓

動画を見る限り、ファミコン版の悪魔城ドラキュラに近い。ステージに応じてキャラをうまく交代しながら戦うのが、攻略のカギのようだ。

BloodstainedCoMの基本情報

・80年代風8bitレトロゲーム

・ステージクリア型の横スクロール2Dアクション

・キャラクターの使い分けに応じてマルチエンディングあり

・キャラは4人↓

剣術の斬月

ムチのミリアム

魔法のアルフレッド

コウモリになれるジーベル

発売日などの情報はこちら↓

発売日 5月24日
値段 980円
ジャンル アクション
対応機種 Nintendo Switch、ニンテンドー3DS、PlayStation4、PlayStationVita、
Xbox One、Steam
備考 デジタルダウンロードのみ

さらにくわしい情報は公式サイトから↓

Bloodstained:Curse of the Moon公式サイト

「Bloodstained: Ritual of the Night」の発売も待ち遠しいが、その前にBloodstainedCoMをプレイするのもいいんじゃなかろうか。私も本編発売まではこちらを遊び倒す。

今後も新しい情報があれば、どんどんアップしていきたい。


クリックしてもらえると励みになります!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ